Skip to content

nehanマネージャー用メニュー

ユーザータイプ「nehan マネージャー」のみに表示されるメニューが「nehan マネージャー用メニュー」であり、トップ画面のメニュー最下部に表示されます。
組織の管理機能として、ユーザーや作成済みコンテンツの管理を行うことができます。

マネージャー用メニュー

ユーザー管理

マネージャー用メニュー

1. ユーザーの追加ボタン

クリックすることで nehan 組織内に追加するユーザーのメールアドレスを入力することができます。

ユーザー追加

1-1. メールアドレス入力フィールド

追加するユーザーのメールアドレスを入力します。

1-2. ユーザータイプの選択

追加するユーザーに付与するユーザータイプを選択します。

1-3. ログインパスワードを発行するチェックボックス

追加するユーザーにログインパスワードを発行するかどうかを選択します。
これを OFF にすると、ユーザーにはアカウント発行メールが送信されません。
シングルサインオン利用時のみ利用する機能と考えてください。

1-4. コマンドエリア

コマンド名説明
ユーザーの追加入力したメールアドレスに、アカウント発行メールを送信
キャンセル入力、選択した内容を破棄して、画面を閉じる

※画面外をクリックすると「キャンセル」と同様の動作となります。

2. ユーザー検索

検索の操作は検索メニューの操作を参照してください。
検索可能な項目は下記の通りです。

項目説明
メールアドレスユーザーアドレスを文字検索可能
タイプ設定されたユーザータイプを検索可能
パスワード発行済ログインパスワードが発行されているかどうかで絞り込み可能
ユーザーグループ設定されたユーザーグループを検索可能

3. ユーザー一覧

nehan にアクセスできるユーザーの一覧が表示されます。

項目説明
ユーザーアイコンユーザーのアイコン
メールアドレスアカウント発行済みのユーザーアドレス
ユーザータイプ設定されたユーザータイプ
パスワード発行ユーザー作成時にパスワードを発行しているかどうかで検索可能
ユーザーグループ設定されたユーザーグループを表示。所属させるユーザーグループの選択も可能

4. ユーザー編集コマンド

ユーザー編集

︙をクリックすることで、下記の操作が可能です。

コマンド名説明
タイプの変更ユーザータイプを変更可能
パスワードリセットパスワードを再発行し、対象ユーザーにアカウント発行メールを送る
パスワードの削除対象ユーザーのパスワードを削除し、パスワードログインを無効化する
ユーザーの削除対象ユーザーを削除する

ユーザーグループ管理

機能説明

ユーザーグループは部署などの区分けで、ユーザーをグループ化することを目的にした機能です。
ユーザーをグループに振り分けることで、下記のメリットがあります。

  1. オブジェクトの共有がグループ単位で行える
  2. グループ単位でダッシュボードの公開 IP アドレスを設定でき、ダッシュボードの公開範囲を手軽に設定できる

なお、初期状態で全ユーザーが”nehan fans”というグループに所属しており、nehan fans 宛にオブジェクトを共有することで全ユーザーへの共有が可能です。

画面構成

ユーザーグループ

1. ユーザーグループの追加ボタン

ユーザーグループ
1-1. グループ名

追加するユーザーグループの名前を入力します。

1-2. ダッシュボード公開制限用 IP アドレス

必要であれば、グループに紐づけるダッシュボードの公開 IP アドレスを入力します。
設定をしておけば、ダッシュボードの公開設定にてグループを選択することで、グループに紐づけられた IP アドレスのみにダッシュボードを公開することができます。

1-3. コマンドエリア
コマンド名説明
OKユーザーグループを保存
キャンセルユーザーグループを保存せず、画面を閉じる

2. グループ一覧

グループ一覧が表示されます。

項目説明
グループ名グループ名
所属人数ユーザー一覧のユーザーグループで設定された人数
ダッシュボード IPグループに設定されたダッシュボードの公開 IP アドレス

3. グループ削除コマンド

クリックすることで、グループを削除することができます。

4. グループ検索

検索の操作は検索メニューの操作を参照してください。
検索可能な項目は下記の通りです。

項目説明
グループ名グループ名を文字検索可能
IP アドレスが登録されているダッシュボード公開 IP アドレスが登録されているかどうかで検索可能

リソース状態

nehan 内におけるリソースの状態を確認できます。

データストレージ状態

ストレージサイズ上限に対して、現在のデータストレージ使用量を確認できます。

データストレージ状態

1. 推移グラフ

データサイズの推移がグラフで表示されます。
表示される期間は最大 1 年間です。 また、グラフタイトル上に、上限に対する状態を表示しています。

状態メッセージ文字色
正常ストレージに余裕があります。
警告契約サイズの 80%を超えています。オレンジ
エラー契約サイズを超えています。ストレージ追加を行ってください。
2. 分析プロジェクトごとのサイズ(昨日時点)

サイズが大きい分析プロジェクト上位 2,500 件が表示されます。
データサイズを減らしたい場合の目安にしてください。

3. データソースごとのサイズ(昨日時点)

サイズが大きいデータソース上位 2,500 件が表示されます。
データサイズを減らしたい場合の目安にしてください。


支払い設定

請求書の送付先を設定できます。

請求

1. 請求先情報

請求書の送付先を設定できます。

2. 郵送設定

on の場合はメールアドレスへの送付と合わせて、郵送にて請求書を送付します。

3. 保存コマンド

入力した内容を保存します。


組織内オブジェクト

下記の、組織内の全ての作成済みオブジェクトの一覧にアクセスできます。

  • 組織内全分析プロジェクト
  • 組織内全データソース
  • 組織内全 SQL ビルダー
  • 組織内全接続情報
  • 組織内全共通変数
  • 組織内全ダッシュボード
  • 組織内全スケジューリング
  • 組織内全通知
  • 組織内全通知先