目次

分析ツールnehanとは

一言でいうと、「”データ分析は前処理の時間が8割”の常識を覆す」サービスです。
データの前処理から業務を効率化し、様々な機能でデータ活用を推進することで、ビジネス改善を支援します。

nehanはデータ分析者が作ったサービスです。
それゆえ、最も時間がかかり面倒なデータの前処理を効率化する、点にフォーカスを当てて開発されました。

加えて、分析業務領域における3点の問題を意識して設計されています。

1:分析者が習得しないといけないスキル多すぎ問題

データ処理で、SQL、Python、Rなどのプログラミングスキル、ビジュアライゼーション、データ基盤の知識・・・
データを活用するという目的において、スキル習得コストが過大であると感じ、プログラミング不要でデータ活用を推進できることにこだわりました。

2:プロセスが属人化・ブラックボックス化しがち問題

身近な例だとエクセル。=vlookup(isbkank(),concatinate(),iserror(…
こんな関数が入ったエクセル、いったい誰が引き継げるのでしょうか。同様な課題はプログラミングにおいても生じます。
nehanは、プロセスを見える化することで、属人化・ブラックボックス化を防ぐ、ことを大事にしています。

3:大量データを手元のPCで処理出来ない問題

データ資産。資産は増えていくもの。膨大なデータを個々のPCのスペックでは処理できなくなりつつあります。
加えて、個人のPCにデータ処理プロセスが閉じてしまうことは、2の属人化・ブラックボックス問題に直結します。
nehanは、クラウド環境を標準とし、デスクトップ版を用意していないのは、これらが理由です。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ