目次

通知機能でできること

通知タイミングの指定

nehanスケジューリング機能における実行完了時に、通知処理が行われます。

タイミングとして指定できるのは

  • スケジューリング成功/警告時
  • スケジューリング失敗時
  • スケジューリング実行一定時間経過時

の3パターンです。

通知先の設定

通知先として指定できるのは、下記の通り。

通知先 指定できるもの 接続設定
Slack チャンネル名(複数指定可能) ホーム > 通知先、からSlackを選択し、認証を行う

通知内容の設定

Slackへの通知結果を例に挙げます。

タイトル

「デイリーレポート」に対応する要素。

通知内容

「レポート更新完了しました。…」に対応する要素。

添付ファイル

「セールスダッシュボード」「受注確率レポート.csv」に対応する要素。

※ただし「スケジューリング成功/警告時」にのみ添付可能。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ