目次

通知内容に変数を利用する

通知内容に変数を挿入することで、スケジュールに関する情報を通知内容に挿入できます。

成功時の通知内容本文として、下記が記述されております。

スケジュール成功

スケジュール名:${schedule_name}
開始時間:${schedule_start_time}
終了時間:${schedule_end_time}
実行時間:${schedule_execute_time}
スケジュールページのリンク:${schedule_link}

例として、通知時に下記のように表示されます。

スケジュール成功

スケジュール名:レポート更新スケジュール
開始時間:2023-01-01 03:00:00
終了時間:2023-01-01 04:00:00
実行時間:01:00:00
スケジュールページのリンク:https://sunfish.nehan.io/schedules/xxxxxxxxx

つまり、変数を埋め込んでおけば、通知時に内容が置換され、トリガースケジュールの内容を通知に反映できます。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ