目次

実行順番を理解する

更新対象登録後、実行対象と実行順番が表示されます。

実行順番内のグレーのオブジェクトがある順番で、実行対象が更新される、という表現を確認できます。

具体的に、下記の例を元に、どれがどの順番で実行されるのかを説明します。

1番目に実行

3点のデータソース(「購買ログ」「商品マスタ」「店舗マスタ」)が同時に実行開始します。

2番目に実行

分析プロジェクト「売上分析」内のワークフロー「マスタ前処理」「ログ前処理」が同時に実行開始します。

3番目に実行

分析プロジェクト「売上分析」内のワークフロー「結合」が実行開始します。

合わせて、Amazon S3へのデータエクスポート「nehan-dev-test/naahara/sample.csv」が実施されることがわかります。

4番目に実行

分析プロジェクト「売上分析」内のワークフロー「KPI算出」「行動分析」が同時に実行開始します。

合わせて、ダッシュボード「サービス健康状態」も更新されることがわかります。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ