目次

Google Analytics

Google Analytics上のデータをnehanに取り込み、データソース化することができます。
※本データソースは有料オプションです。ご利用希望の方はnehan担当者までお問合せください。

必要な情報

接続情報(必須)

ビューID(必須)

Google Analyticsより読み込むサイトのビューIDを確認し、入力してください。

【ビューID 確認方法】
Google Analyticsにログインし、管理画面に進みます。
対象のプロパティを選択後、「ビューの設定」をクリックし、基本設定よりビューIDを確認します。
※動画はGoogle のデモアカウント画面です。

期間指定(必須)

取り込む期間を指定します。期間を自分で指定することも可能です。

取得するデータの種類(必須)

ユーザーセグメント(必須)

カスタムセグメント指定の場合は「gaid::xxxxxxx」の形式で入力してください。

ディメンジョン(必須)

最大7個まで選択可能です。

リストにないディメンジョンを指定する場合は、API名入力後、エンターキーを押すことで指定できます。

指標(必須)

最大10個まで選択可能です。

リストにない指標を指定する場合は、API名入力後、エンターキーを押すことで指定できます。

新規作成

  • 必要情報をセット
  • 「読み込み」または「読み込んで保存」ボタンを押してデータを取り込み
  • 「データソース名」に名前を入力
  • 再度「読み込んで保存」ボタンを押してデータソースとして保存

仕様補足

  • 組み合わせ可能なディメンジョンと指標は決まっており、許可されていない組み合わせでは読み込みエラーが出ます。
    可能な組み合わせを調べるには公式ドキュメントをご確認ください。
    (注意:英語ドキュメント)
  • 各項目の説明については、CData社のドキュメントをご確認ください。
    (注意:英語ドキュメント)
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ