目次

日付型の変数を作成する(日付時間型も同様)

フィルタ条件への適用はもちろん、列に実行日を挿入したり、 ファイル名に日付を入れたりする際に活躍します。

今日の日付を定義する

「よく使う日付を指定」にまとめてあります。

↓結果

3ヶ月前の日付を定義する

「よく使う日付を指定」にまとめてあります。

↓結果

過去の日付を指定したいが「よく使う日付」にない場合

「相対日付を指定」モードにし、今日を起点にした未来・過去日付を柔軟に定義できます。

↓結果

日付のいち要素だけ定義したい場合

昨日の日付の「月」だけほしい、といった要素を変数に定義できます。

「日付のフォーマット」で要素指定が可能です。

↓結果

日付のフォーマットを調整する

nehan内部において、日付型は「2020-01-01」のようなフォーマットで統一しています。

が、ファイル名、データベース名、などで「20200101」のような日付フォーマットを利用する場合があります。

この場合、日付型の変数を定義しつつ、フォーマットを変更してご利用ください。

選択肢の中から適したフォーマットを選択する

「日付のフォーマット」からフォーマットを選択可能。

↓結果

自分でフォーマットを定義する

下記の記法を組み合わせ、独自のフォーマットを定義することができます。

  • %Y(年 ※4桁)
  • %m(月 ※ゼロ埋めあり)
  • %d(日 ※ゼロ埋めあり)
  • %H(時 ※ゼロ埋めあり)
  • %M(分 ※ゼロ埋めあり)
  • %S(秒 ※ゼロ埋めあり)

※年以外、ゼロ埋めなしの日付要素を定義したい場合、ハイフンを間に入れます。(例:%-m、%-d)

↓結果

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ