目次

データソースの更新方法

注意
ファイルアップロードのみ、手動でファイルを追加したり差し替えることでしか更新できません。

データソース画面で、再読込後、保存 or 保存して読み込み、をクリックして更新

ファイルの情報やクエリの結果を再取得します。この再読み込み実行時点では、データソースは更新されていない点に注意してください。

ファイル系のデータソースは、再読み込み後、保存して始めてデータソースが更新されます。

MySQLなどのデータベース系は「保存して読み込み」で、保存と再読み込みを一括で実施できます。

分析プロジェクト内でノードを実行して更新

「データソースを更新して読み込む」オプションをonにして読み込むことで、同時にデータソースも更新します。

スケジューリングによる自動更新

(準備中)

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ