目次

結果が0件になったノードの後続処理

フィルターや結合の結果、ノードの処理結果が0件になる場合があります。

0件ノードについての挙動について、記載します。

親ノードが0件でも後続処理がエラーにならないパターン

下記のデータ処理カテゴリ内の機能を後続に繋げてもエラーにならず、結果0件を引き継ぎます。

  • 列方向のデータ操作
  • 数値列の操作
  • 文字列の操作
  • 日付列の操作
  • 行方向のデータ操作
  • データ変形
  • データ結合・分割
  • 便利前処理
  • 便利前処理(機械学習向け)

当然、データの構造変更も反映します。

ただし、ノードのステータスは結果0件により「警告」になります。

親ノードが0件の場合、後続処理がエラーになるパターン

逆に、上記で記載したカテゴリ以外の処理は、全てエラーになります。

読み込みデータが0件のパターン

後続処理は接続可能です。

 

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ