目次

欠損値の挙動

基本的な挙動は以下のとおりです。

特殊な扱いをするものについては、各データ処理のページ記載いたします。

グループキーに欠損値が入っている場合

欠損値も、キー内のデータの1つとしてみなされます。

キー1列でのデータ集計の例

※部屋番号ごとにデータ数をカウント

キー2列でのデータ集計の例

※「年齢」「部屋番号」ごとのデータ数をカウント

集計対象列に欠損値が入っている場合

欠損値を完全に無視して計算します。

例えば、下記例の部屋番号=<NA>における年齢平均の計算式は

(28 + 3 + 21) ÷ 3

となり、÷4ではないことに注意してください。

合計と平均のデータ集計例

※「部屋番号」ごとに「年齢」を合計、平均

演算対象列に欠損値が入っている場合

欠損値を完全に無視して演算します。

数値列同士の演算の例

※「年齢」+5の結果を「年齢2」に挿入

列or行方向の累積和の例

※「年齢」の上からの累積和を「累積和_年齢」に挿入

 

欠損値と文字列を結合する場合

  • 欠損値は空白として扱われます。
  • 欠損値と欠損値の結合は、欠損値となります。

文字列同士の結合の例

※「年齢」と「部屋番号」を文字列結合

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ