目次

SQLビルダーは何をやっているのか

SQLビルダーの仕組みをざっくり説明すると、下記のステップでデータを作成しています。

  1. 各ノードで設定された内容を解釈
  2. SQLクエリを自動生成
  3. ノード実行(SQL実行)時に、データベースにSQLを投げて結果を取得
  4. nehan内で結果として表示

仕様補足

  • エクスポートノードでデータソースを作成する場合は、LIMITをつけず実行し、それ以外のノードは、LIMIT 5000をつけて実行しています。
  • 「SQLの実行」はノードごとにSQLを実行します。データベースへの負荷や処理時間が気になる場合は、SQLの作成を利用するとSQLの実行をせず、SQLの組み立てを進めることができます。
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ