目次

ノードの親子関係

nehanのプロセス化思想において、親子関係を厳格に管理していることは大きな特徴です。

ノードプロセスを実行した際に、どこでエラーが出るのかをダイレクトに把握できることで、プロセスの修正・正常化を迅速に実施できます。

例:親ノードのデータを更新。構造変更を検知し子ノードでエラー

例:親ノードの設定を変更。子ノードで再実行を即す警告状態に

注意
現状、親ノードの設定を変えずに再実行しても、子ノードは警告状態になります
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ