目次

Amazon Redshift

ヒント
SQLを書かずに、データソースを作ることができます。

ヒント
SQLを書く際、テーブル一覧の表示、およびテーブル名・カラム名の補完機能が利用できます。

サンプル

(準備中)

編集

  1. クエリを編集
  2. 「保存して読み込み」ボタンを押してデータソースを更新

データの更新方法

その1:データソースを再読込して更新

上記「編集」の手順2により更新されます。

その2:分析プロジェクト内でノードを実行して更新

「データソースを更新して読み込む」オプションをonにして読み込むことで、同時にデータソースも更新します。

その3:スケジューリングによる自動更新

スケジューリングによる実行対象に含まれている「分析するデータを配置する」ノードは、強制的にデータソースを更新して実行します。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ