目次

Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシート上の表データを、nehanのデータソースにすることができます。

注意
2021.06.17リリースにて、データソース画面での列名変更ができないようにしております。近日データソースのリニューアルを予定しており、そちらをお待ち下さい。

必要な情報

接続情報(必須)

シートURL(必須)

スプレッドシートのURLをそのまま貼り付けてください。

シート名(必須)

取り込みたいデータがある、スプレッドシートのシート名を入力してください。

先頭からスキップする行数(必須)

データが1行目から始まっていない場合、指定の行数をスキップすることができます。

例えば、4行目からデータが始まっている場合、3を入力します。

新規作成

  1. 必要情報をセット
  2. 「読み込み」or「再読み込み」ボタンを押してデータを取り込み
  3. 「データソース名」に名前を入力
  4. 「保存」ボタンを押してデータソースとして保存

サンプル

スプレッドシートのデータでデータソース作成

仕様補足

  • 「列の名前と型設定」タブで下記の設定が可能です。
    • 列の名前を変更して読み込む
    • 列の型を変更して読み込む
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ