目次

ロジスティック回帰

概要

  • ロジスティック回帰分析を行います。
  • 回帰モデルも構築できます。

入出力

入力

  • データ(目的変数1列と説明変数1列以上)

出力

  • 回帰モデル
  • データ(回帰分析結果)

仕様補足

  • ロジスティック回帰分析とは、複数の要因(原因)に対して個別に影響の大きさを設定することで回帰係数を算出し、結果を予測します。
  • 例えば、病気の原因となる様々な要因中から、最も影響が高いものを予測することなどが可能になります。

エラーハンドリング

  • エラー:説明変数間で独立でないものが存在します
    • 説明変数同士の相関が高く、意味がない回帰モデルができてしまいます。
    • 「変数間の相関を求める」を用いるなどして相関係数の高い変数を除外するようお願いします
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ