目次

SVM

概要

  • SVMを用いて機械学習モデルを構築します。

入出力

入力

  • データ(目的変数1列と説明変数1列以上)

出力

  • 機械学習モデル
  • データ(変数重要度)

SVMとは、教師あり学習を用いるパターン認識モデルの一つで、線形入力素子を利用して2クラスのパターン識別器を構成する手法です。未学習データに対して高い識別性能を得るための工夫があり、優れた認識性能を発揮します。
「カーネル関数の種類」も設定が可能です。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ