目次

条件に応じて値を列に挿入

概要

  • 列の値を参照し、指定した条件に合致した場合、任意の値を列に挿入することができます。
  • 条件に合致->値を挿入、のルールは復数作ることができます。
  • 全条件に合致しない場合には、別途値を挿入することができます。

入出力

入力

  • データ

出力

  • データ

サンプル

0,1を別の文字に変更する

複数文字列を1つの文字列に統合する

判定結果に既存の列の値を入れる

仕様補足

  • 条件の適用順
    • 条件が復数ある場合、上から順に適用します。
    • つまり、下記2条件が設定されている場合、結果には2が適用され、A列の値が”1″だったらB列には”Man”が入ります。
      • 条件1:A列の値が”1″だったらB列に”男性”を入れる
      • 条件2:A列の値が”1″だったらB列に”Man”を入れる
  • 複雑な条件指定
    • 例えば、「A列の値が1、かつB列の値が1だったら」のような復数条件の指定は現在できません。
    • アップデート計画はありますので、ご期待ください。
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ