目次

列の型変更

概要

  • 列を指定して型を変更できます
  • 日付列・日付時間型についてはフォーマットを指定することで、特殊な文字列も型変更が可能です
  • 型の詳細についてはこちら

入出力

入力

  • データ

出力

  • データ

サンプル

数値型に変更する

日付型に変更する

仕様補足

日付型への型変換の際、形式によっては自動で日付型に変換できますが、フォーマットを指定しないといけない場合があります。

フォーマットを指定するとはつまり「データにはこういう形式で入ってますよ」というのをnehanに伝えていただく、ということです。

いくつか例をあげますが、詳細は上記サンプル「日付型に変更する」内部を見ていただくのが良いと思います。

自動で日付に変換できる例

  • 2019/4/1
  • 2019/04/01
  • 20190401

フォーマットを指定する必要がある例

  • 「2019年04月01日」「2019年4月1日」のように入っている場合
    • フォーマットに「%Y年%m月%d月」を入れてください。
  • 「201904」のように入っている場合
    • フォーマットに「%Y%m」を入れていただくことで、2019-04-01という日付型に変換できます。
  • 「2019-04」のように入っている場合
    • フォーマットに「%Y-%m」を入れていただくことで、2019-04-01という日付型に変換できます。

特殊な例

  • 「2021-05-26T08:47:51.350629447+09:00」のように入っている場合
    • JSTを表現していますが、強制的にUTCの日付時間に変換されます。
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ