汚いデータあるあるに対処する(欠損値処理)

概要

  1. データの抜け(欠損値)をデータサマリで確認する
  2. 欠損値を含む行を抽出する

「日本の人口推移」を読み込む

読み込めたら、全画面表示ボタンをクリック

データサマリを確認する

データサマリタブをクリックして、各列の欠損値を確認する。

すると、人口データに欠損値が1つ含まれていることがわかる。

欠損値が含まれる行を抽出する

出力データを確認する

確認すると、1945年の沖縄の人口が欠損している。戦争の影響であることが推測できる。