nehanにデータを登録する & 中間データを活用してブラックボックス化を防ぐ

概要

  1. 自社のデータをnehanに取り込むことを想定し、データソースにデータをアップロードする
  2. データ加工を続けるとノードが増えすぎてカオスになる。それを防ぐための機能、中間データを利用する

データソースにデータを登録する

登録したデータを分析プロジェクトに配置

新規の分析プロジェクトを作成し、「分析するデータを配置する」から選択

利用する列を選択する

コンビニ名を付与する

前処理完了データとして、中間データに登録する

新しいワークフローを開き、エクスポートした中間データを配置する

こうすることで、1ワークフロー内のノード数を減らせ、見通しの良いフローを構築することができます。

集計し、可視化する